芸能

【速報】「下町ロケット」2話視聴率!半沢に続くモンスタードラマに?!

2015年10月23日

2015年秋のドラマ現在のところ視聴率競争ナンバーワンにいるのが、水谷豊の「相棒14」ですが、このドラマを追い越す勢いを見せているのが、阿部寛が主演し、原作はアノ池井戸潤のドラマ「下町ロケット」です。

本日は10月25日放送のドラマ「下町ロケット」第2話の視聴率を速報で発表したいと思います。また前回の初回となる1話の視聴率もサッと確認していきたいと思います。

一部では初回は超てんこもりぼ内容で視聴率がとれたと言われていますが、はたして2話の視聴率はどうなったのか注目です!

ドラマ「下町ロケット」についての記事はコチラ

・【速報】「下町ロケット」1話視聴率!引き続き池井戸無双www

スポンサーリンク

「下町ロケット」2話視聴率速報!!!

「下町ロケット」前回1話の視聴率

10月25日放送の「下町ロケット」2話の視聴率を発表する前にまずは前回放送の1話視聴率をみていきたいと思います。それがコチラ・・・。

連ドラ「下町ロケット」1話の視聴率は・・・16.1%!!!

これは高視聴率でしたね。池井戸潤原作のドラマはいったい何期連続で連ドラに採用されているのだという状況。そしてどれも一定以上の視聴率を獲得して、たまに社会現象を生むほどの視聴率もとってくるという正真正銘のヒットメーカーです。この「下町ロケット」もあの半沢直樹のようにモンスタードラマになるのでしょうか?!連ドラは2話は視聴率が落ちるなんて言われますが、この「下町ロケット」もそうなってしまうのか?2話視聴率に注目です。

スポンサーリンク

ドラマ「下町ロケット」2話あらすじ(ネタバレ注意)

TBSドラマと言えば、やはり社会派ドラマであり、視聴率が取りやすいネタをちゃんとわかっているように思えます。前回のあらすじは初回ということもあり、ドラマの設定紹介といったところでしたが、十分にワクワクできました。そして今回の2話でようやく本題に入り、面白いドラマなのか判定されはじめます。では阿部寛主演「下町ロケット」2話のあらすじ(ネタバレ注意)を紹介していきます。

以下公式サイト引用

 ナカシマ工業の卑劣な法廷戦略を前に、一度は会社を手放すことを覚悟する佃(阿部寛)。しかし、殿村(立川談春)の必死な想いを聞いた佃は、弁護士の神谷(恵俊彰)の提案に乗り、真っ向から戦うことを決意する。だがその戦法は、失敗すれば佃製作所にとってさらなる被害をもたらす諸刃の剣であり、迫田(今野浩喜)や江原(和田聰宏)ら安定を望む若手社員らは懐疑的だった。
そんな中、日本を代表する大企業・帝国重工の財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)が佃のもとに現れる。先代の頃を通しても付き合いの無かった大企業を前に、その目的をはかりかねる佃だったが、財前の口からは意外な提案がなされた。その提案とは? そして、佃は財前に対してどう答えるのか!?

4年前に三上博史主演でwowowでドラマ化されています。こちらの評価ですが・・・・↓↓↓

ドラマ「下町ロケット」2話視聴率

前回の初回は視聴率16%以上という高視聴率をたたき出したドラマ「下町ロケット」。10月25日放送の2話いったいどんな視聴率になったのか注目が集まります。この2話でも高視聴率をキープできるならば、ここからのさらに視聴率を伸ばしていく可能性は十分にあることになります。視聴率一つ目のターニングポイントです。目指せ半沢!ではドラマ「下町ロケット」2話の視聴率発表です!!!

10月25日放送「下町ロケット」2話の視聴率は・・・

17.8%!!!







CATEGORIES & TAGS

芸能, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,