芸能

栗原類が発達障害を衝撃告白!バラエティから消えた原因か

2015年5月25日

本ブログで過去に堺雅人の発達障害(ADHD)について書いたことがあった。そんな芸能人の発達障害とはその職業柄、特段珍しいものでは無いようにも思える。本日もまた一人、自身が発達障害であるとカミングアウトした芸能人がいる。それが、モデル・タレントとして活躍する、栗原類(20)である。また発達障害(ADHD)の中でも注意欠如障害(ADD)であるという。

スポンサーリンク

 

栗原類の発達障害

「あさイチ」で発達障害を告白

まずこの栗原類が発達障害であることを告白したのが、NHK朝の番組「あさイチ」であった。この日の番組企画は「増加!夫の発達障害 苦悩する妻」というタイトルで放送され、栗原類が発達障害はゲストして出演。自身の発達障害(ADHD)及び、注意欠如障害(ADD)を告白。幼少期アメリカに住んでいた8歳の頃に医師から診断されたようである。

 

 

注意欠如障害(ADD)とは?

この発達障害(ADHD)の中でも注意欠如障害(ADD)とはいったいどんな症状を持っているのか。栗原類が自身の体験で「人に合わせられなかったり、決め事やこだわりが強い」と話していた。家を出る時間を決めた時間キッカリに外出しないと気持ち悪い。音程を外した歌声が気持ち悪い。など一種の脅迫観念のようなものだろう。さらに大きな声なども敏感になるようです。

周囲と合わせなければならない「学校」に通い始めて発覚するケースが多いようです。栗原類がまさしくその例ですね。

スポンサーリンク

 

テレビ出演時の栗原類

ここで思い返されるのはテレビ出演時の栗原類である。その物静かでミステリアスな雰囲気でタレントとしてバラエティ番組でひな壇に座っている場面をよく見る。その時に芸人などと同じ並びにいることも多い。そこで強めに突っ込まれているような時に栗原類が堪えるように沈黙するシーンが印象的だったと思う。まぁそういう事で、注意欠如障害(ADD)から栗原類は計り知れないストレスを感じていたのだと思ってしまう。

それが合わなかったのか、最近はバラエティ番組ではあまり見かけなくなってしまった。ネガティブなキャラクターの栗原類と反して、ポジティブにこの注意欠如障害(ADD)について考えるとするならば、自身の特性がわかっているので、芸能界での活躍の場は探しやすいとも考えられる。

 

 

まとめ

タレント、モデルの栗原類が発達障害であることをNHK朝の番組「あさイチ」で告白した。発達障害(ADHD)の中でも注意欠如障害(ADD)であるという。周囲の行動に合わせることが苦手で、大きな声をかけられることも苦手だという。それがあってかバラエティ番組では最近は見かけない。自身の特性を生かして次なる活躍の場を見つけたのかも知れない。

 

まだ20歳だったことにはビックリ。。

 

 







CATEGORIES & TAGS

芸能, , , , , , , , , ,