ビジネス 芸能

マネタイズ商法に賛成?反対?アイドルのこれから

images (6)

昨今のアイドルブームの火付け役、さらにはマネタイズといわれる商法、

いわゆる「特典商法」を確立させたのが、

“会いに行けるアイドル”ことAKB48である。

これに学べ・続けと次から次へと、アイドルのビジネスは発展し、今に至っています。

 

アイドルのマネタイズも今や「CDたくさん買ってくれた人には握手してあげる!」というものだけではない。

 

今回はアイドルに限定し、最新のマネタイズ商法2種類、またそれらに賛同してよいのか?迫りたいと思います。

 

 

資金援助?クラウドファンディング

まずは「クラウドファンディング」というもの。

簡単に言うと、

 

「ファンの皆さん!活動資金が無いから、ちょうだい!現金で!

というもの。

 

有名クラウドファンディングである「CAMPFIRE」にて

エイベックスのアイドルレーベルであるiDOL Streetから2組

「hanarichu」が、パトロン241人、支援総額160万9000円

「東京女子流」がパトロン数320人、支援総額704万7000円を集めた。

images

 

クラウドファンディング「WESYM」でも同じくエイベックス、

「SUPER☆GIRLS」はMV制作資金をパトロン504人から支援総額538万3000円を集めた。

 

ダウンロード

 

 

サラッと言ってみる。

究極は事務所要らないじゃん。

 

エイベックスはすでに、ノウハウを売ってそうですよね。

 

 

 

独自メディア?「Cheerz」

liCLykcE

新しいマネタイズをもう一つ。

2014年12月に登場した「Cheerz」というアプリなのだが、

アイドル200人以上が投稿している自撮り写真やスナップ写真に対し、CHEER(「いいね」みたいなやつ)する。

CHEERの数に応じて、アプリ内での露出が高くなる。アイドルにも直接お金が入る。

 

もちろん!!!

露出を高めてもらうためには、課金による大量CHEERが必須!!!

 

 

ここでハッキリと言っておきたいのだが、

アイドルはファンに対して、求めているのは、

「応援」ではなく「支援」であるということ。

 

直接的に手を下すことである。

これが成立することについては後ほど書きます。

 

テレビとか紙媒体のメディアなんて出なくても充分に

ファンもアイドルも潤う気がしますね。

 

 

現在のアイドルマネタイズに賛成?反対?

僕は大賛成です(アイドル好きではないが)。

先ほどの応援が支援となり成立する話でもあるのですが、

現代の若者は、持家いらない、車いらない、ギャンブルやらない、煙草も酒も女もいらない。

じゃあ何がいるの?

 

「自己顕示欲」

 

自己顕示欲を満たしたい!!!

「あいつスゲーなって」

そのアイテムが変化しただけ。

 

images

 

経済活動に賛成以外ありませんね。

 

 

最後に一言。

今後、アイドルの定義も変わってくるし、

ファンの呼称も変わりそうですね!

 

前出のアプリのシステムを使えば、素人もOKだし、

アイドル=プロではなくなる。

ファンも直接的支援を行うから、声援なんて領域ではないし。

 

 

ということで、これからのアイドルビジネスは

マネタイズを中心としてまだまだ発展していくでしょう!

みなさんで盛り上げて、それを個々がどう利用していくのかが重要ですね。







CATEGORIES & TAGS

ビジネス, 芸能, ,