おすすめ記事 その他

週末になると眠れない。その原因と対策

2015年2月17日

みなさんは週末の睡眠、寝つきは良いですか?

 

睡眠に関する記事を見たので、今回は睡眠についての記事を。

今回は僕が少し前から悩んでいる、

「週末(休日前)になると眠れない」について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

週末(休日前)眠れていますか?

db6ac190c45de8139d4fa51bfdf48d3d

 

みなさん、仕事から解き放たれた金曜日の夜。

いつもならとっくに寝ている時間なのに、

なんだかそわそわして眠れない経験ってありませんか?

 

金曜の夜、録画しておいたテレビ番組を見て、

お酒もいつもより多く飲んでいるのだけれど、

 

なぜか眠れない。

疲れているのだけど、眠れない。

 

なんだろう?この焦燥感は?

 

 

だが、朝方が近づき、寝落ちるように眠り、気が付けばお昼。

 

特段予定はないのだけど、なんだか休日を半分無駄にしたような気分。

 

 

こんなことを毎週末繰り返していませんか?

僕は毎週末繰り返しています。

a0002_010329_m

 

 

週末に眠れない原因

僕も専門家ではないので、素人なりに調べてみました。

 

 

まず言えることは、これは「睡眠障害」であるということ。

そして一口に睡眠障害と言っても、それに属するものは様々(過眠症、ナルコプレシーetc)ありますが、「週末(休日前)になると眠れない」は“不眠症”の一種だと思われます。

 

そしてこの“不眠症”にもタイプがるようです。

 

入眠障害

・熟睡障害

・中途覚醒

・早朝覚醒

・過眠症

 

以上のようなものがあるそうです。

 

そして「週末(休日前)になると眠れない」は“入眠障害”

 

 

原因としては

“眠ることに対するプレッシャー”でしょう。

「せっかくの休日前だから眠るのがもったいない」

「撮りためたテレビを見なければ」

「週末くらいお酒をたくさん飲まなきゃ損だ」

こういった感情が潜在的に脳に刺激を与えて、眠気を起こさないようにしている。

 

さらには、起きているからテレビ、スマホなどのディスプレイを長時間見て、脳にさらなる刺激を与えて、

眠れない。

 

悪循環の最悪パターンです。

 

 

 

ここで個人的に気になったのが、

「せっかくの休日前だから眠るのがもったいない」という感情の“せっかく”という部分。

日本人なので、気にしたところでどうしようもできない!という人が大半だと思うのですが、

 

「あんた“せっかく”ってどれだけ平日にストレス感じてんの?!」ということ。

平日のストレスが大きいだけ、週末の睡眠に対するプレッシャーにも繋がっている。

 

出来ることなら、平日のストレスに対する対策を打ちたいところ。

 

スポンサーリンク

 

改善方法

20111216033225ddd

これは専門的な知識では無いのをご理解いただきたいが、

 

週末になると眠れないことの改善策は

「寝られている日の生活リズムを崩さない」これでしょう。

 

 

その睡眠の質についてはここでは述べませんが、

予定がなけりゃ週末であろうと平日通りの就寝までの段取りをすべきである。

 

改善策は

いつも通りの生活リズム。

 

 

 

まとめ

0802114

 

「週末になると眠れない」は入眠障害。

せっかくの週末なのだからという焦燥感から、睡眠に対しプレッシャーを与え、眠れない悪循環を生み出している。

 

 

それでも週末がもったいないと思うべからず!

その翌日からの更なる悪循環を考えると、仕事が終わったその夜、寝るまではいつも通りの生活リズムをとるべし!

 

 

「週末になると眠れない」は週末でもいつも通りの生活リズムによって改善できる!!!

 

 

自分も週末眠れないという方、コメントください。励ましあって週末の欲求に耐えましょう。







CATEGORIES & TAGS

おすすめ記事, その他, , ,