芸能

加藤茶がパーキンソン?原因は妻の料理か?病気説は本当だった・・・

2015年5月12日

日本を代表するお笑い芸人である、加藤茶。本ブログでも過去に加藤茶と45歳年下の妻綾菜について2人の私生活や離婚の可能性について書いた。過去の記事については以下

・加藤茶限界寸前。離婚する体力も無し?
何かと加藤茶の体調面でささやかれている重病説。昨年テレビ出演したときはもう様子がおかしく、その時の原因については体に合わない薬を服用していたからだと明かしていますが、その薬が一体何の薬だったのか?今回これに繋がる、加藤茶は重病について具体的な病名が判明したのだ。

 

スポンサーリンク

 

パーキンソン病?

加藤茶の病名が明らかになったのは妻の綾菜と一緒に出演した5月11日放送のバラエティー番組「私の何がイケないの?」。その中で、噂になっている重病について「パーキンソン症候群だった」と告白したのだ。パーキンソン症候群と聞くと真っ先に思い浮かぶのは、「パーキンソン病ではないの?」ということ、パーキンソン症候群はパーキンソン病と原因は違うけど、症状は似ている病気である。加藤茶は以前ボーっとしたり、筋肉のこわばりがあったりと、まさしくパーキンソンの症状が出ていました。

 

 

パーキンソン症候群の原因

加藤茶のパーキンソン症候群の原因とは一体何なのか?一般的にパーキンソンの原因は「活性酸素による酸化的ストレス」と言われています。超詳しく書くつもりはありませんが、今回の加藤茶のパーキンソン症候群の原因は食生活(酸化した食物ばかり食べる)やタバコを吸うならばタバコ、もちろん生活のストレスも大きいです。そして食生活が原因となると思うことは一つ・・・

スポンサーリンク

 

パーキンソンの原因は綾菜の料理

パーキンソンの原因に酸化した食べ物を多く摂るということが、酸化した食べ物などは一例を挙げると、「揚げた肉」などがあります。こうなると原因として疑わずにいられないのが、加藤茶の妻である綾菜の料理である。以前から綾菜の料理は恒例の加藤茶が食べるべきものでは無いと散々と叩かれてきました。その中に揚げた肉料理などもあったのではないでしょうか??疑えばキリはありませんが、加藤茶にパーキンソンの症状が出ているのは事実なので。事態は深刻です。

まとめ

加藤茶パーキンソン症候群であることが判明。手の震えや筋肉のこわばりと、その症状はパーキンソン病と同じである。原因は食生活やタバコなどがあるが、食生活となると加藤茶のパーキンソン症候群は妻・綾菜の料理が原因とも疑わざるを得ない状況ともなってきた。

 

加藤茶はあと何年生きられるだろうか?薬があればパーキンソン症候群も治るみたいなので早く感知してほしいものである。







CATEGORIES & TAGS

芸能, , , , , , , , , , ,