ビジネス 海外

知ってる?その車の名はワーゲン アマロック。

2015年3月6日

ワーゲン アマロックとの出会い

これまでに本ブログでも散々と車の知識など皆無の「車素人」であるが、車が好きだと言ってきた。

高級車に乗りたいとかそういった興味ではなく、デザインだったり、CMだったり、ドライブ・勤労だったり車文明レベルで好きなのだ。

つい先日、高速道路を走っている途中の出来事。僕がガタガタのプロボックスを必死に走らせていると、大きな白い影に追い越された。ピックアップトラックだ。あのタイプのトラックのあの迫力ってなんだろう。よく見ると、タンドラとかダッジラムだとかそういう筋の雰囲気と異なるものだった。

 

見たことないヤツだ。と。そして外観(エクステリア)デザインが美しい

 

どこの車だとエンブレムを見る。

大きなVとWが○で囲まれている。

volkswagen2

フォルクスワーゲン(Volkswagen)である。

スポンサーリンク

 

その車の名はアマロック

正直、この記事を書くまで「ピックアップトラック」という単語すら知らず、

あの日追い越された車はなんだ?あのトラックはなんだと、「ワーゲン トラック」と検索していたが、見当たらず。

あれこれ検索ワードを入れていたら、ピックアップトラック」という単語にたどり、そこからはすんなり例の車にたどり着いた。

 

その車は、

フォルクスワーゲン アマロック(Volkswagen Amarok)

images (1)

images (2)

きっと車好きな方なら今更何をと言われるでしょう。

 

この車見かけないもそのはず、日本では未発売

 

このブログによって、僕見たいな車素人でも「ワーゲン トラック」と検索したらアマロックにたどり着けるようになって欲しい。

 

 

アマロックってどんな車?

デザインについてはエクステリアにしか触れませんが、デザインはワーゲン特有の親しみやすさ優しさみたいな形をそのままデカく、ハードにした感じだ。優しい巨人みたいな感じ。

すごく洗練されていると思う。大きなエンブレムにしても、一目でストロングなワーゲンなんだなってわかる。

images

 

乗った感じやスペックについては他のサイトを参考にしか言えないが、どうやらかなり良いらしい。

街乗りするにも、トラックのような粗さもなく、高級車のような静音性もなく、運転しやすい。おそらくこれは僕のような車素人が「凝った車に乗ってます」風を演出するにはもってこいなのではないだろうか。そのデカさは別として。

 

【フォルクスワーゲン・アマロック・キャニオン2.0BiTDI 4モーション】

価格:£37,841(650万円)

最高速度           :174km/h

0-100km/h加速:11.3秒

燃費:12.2km/ℓ

CO2排出量:215g/km

乾燥重量           :2070kg

エンジン           直列4気筒1968ccツインターボ・ディーゼル

最高出力: 180ps/4000rpm

最大トルク:42.9kg-m/1750rpm

ギアボックス:8速オートマティック

 

スポンサーリンク

 

今後の日本での発売は?

前出のように現在日本では発売されていない。なぜだろう?単純に言うならばニーズが無い。なのか?

道路事情も大きくあるだろう。トラックと同じようなルートしか行けないとなると、正直一般的な生活には支障が出るだろう。アウトドアユーザーと言っても人口で言えばかなり少数になってしまう。

今後も日本での発売は無いのだろうか?

 

気になる情報がありました。

フォルクスワーゲンが2015年1月9日に2014年の商用車の世界新車販売数の結果発表。総販売台数は44万4900台で前年比は2%増。

車種別に見ると、「T5」が前年比7.9%増の16万8600台でもっとも売れた。「キャディ」が前年比1.6%増の14万8900台で、これに続く。中/大型バンの「クラフター」も、11.6%増の4万9200台を売り上げた。

小型ピックアップトラックの『アマロック』は、12.2%減の7万8100台と、マイナスに転じた。

 

どうやら海外では人気が落ちて来ているようです。しかも商用利用において。ここからいざ日本展開!という話には発展していかないでしょう。可能性として、全面改良などを契機に日本へ!ということだが、商用としてのニーズ日本には皆無か。

 

アマロック日本発売への道のりは険しそうです。

 

 

まとめ

ワーゲンの大きなかっこいいトラックは、

フォルクスワーゲンのピックアップトラック「アマロック(Amarok)」でした。

 

日本では未発売であり、世界的なアマロックの売り上げ自体も下降気味というのが現状。

日本ピックアップトラックの市場規模から考えても、今後のアマロック日本発売は厳しそうなのが現状である。

 

ですが僕が見たように日本でも乗り回す方がいるように、輸入代行などの手段を用いれば、アマロックオーナーになることは可能なようだ。

 

 

今後のアマロック展開には、遠い国からだが期待し続けたい。







CATEGORIES & TAGS

ビジネス, 海外, , , , ,