芸能

【悲報】大山のぶ代が認知症!原因はやはり・・・

とても悲しいニュースが入ってきてしまった。女優であり、「ドラえもん」の声優でも知られる、大山のぶ代(78)が、現在認知症であることが分かった。今現在のドラえもんの声優がかすむほどに、ドラえもんの声といえばこの大山のぶ代である。そんな元ドラえもんが現在認知症を患い闘病中であることが判明した。

 

スポンサーリンク

大山のぶ代の現在

大山のぶ代がドラえもんの声優を引退してから、しばらくはテレビなんかでもちょこちょこと見かけていた。だが、たしかにここ最近はまったくと言っていいほどに大山のぶ代の姿を見かけない。そんなところで5月13日に放送されたTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に大山のぶ代の夫で俳優・砂川啓介がに出演し、大山のぶ代は現在認知症であるということが明かされた。大山のぶ代の認知症の現状としては体は元気であるものの、直前に言ったことを忘れたり、得意料理ができなかったり、自分で入浴ができない状態だという。時には弱気な発言もあり、認知症の自覚もしているとのことだから余計に悲しい。このような症状も、自身に違和感を持っているあたりも典型的な認知症の症状といえる。2008年には脳梗塞を患い、心配されたが、2010年には声優業を再開し安心とみられたが、その後は認知症を患ってしまった。

スポンサーリンク

 

大山のぶ代 認知症の原因

認知症になってしまうのにはもちろん原因がある。大山のぶ代 認知症の原因について探ってみる。認知症を引き起こす病気というのもあるがたくさんあるが、脳梗塞も確実に原因のひとつとも言える。そのほか認知症の原因となる生活習慣では、食生活、運動不足、酒。そして喫煙である。あまり知られていないかもしれないが、大山のぶ代は愛煙家であることも語られ、大病を患ってもなお、喫煙はやめられなかったようでもある。こうしたことらも大山のぶ代の認知症は喫煙が原因とも言える。本当に良くないぞタバコは!

また認知症になりやすい性格というのも調査でわかっており、おおらかな正確な人は認知症になりにくく、反対にキツイ性格の人は認知症になりやすい。大山のぶ代の性格は普段は温厚だが、仕事に対して半端なく厳しいことでも知られているだけにそれも認知症のひとつの原因になってしまったのかもしれない。

2005年にドラえもんの声優を引退してしまい、気持ちが落ちてしまったというのもあるのかもしれない。

 

大山のぶ代のラストドラえもん↓(楽天リンク)

まとめ

ドラえもんの声優で知られる大山のぶ代認知症であることが判明。その症状も深刻で、言ったことを忘れる。一人で入浴もままならない。料理ができないといった状態である。大山のぶ代が認知症になってしまった原因は大病を患ってからも続けたタバコ、仕事に厳しすぎる性格もあってかとみられる。認知症は薬での治療も可能だが大山のぶ代がここから声優に復帰するにはかなり厳しいと見られる。

 

とっくに21世紀

ドラえもんよ、助けてやってくれよ。







CATEGORIES & TAGS

芸能, , , ,