芸能

ヤメゴク9話視聴率速報!あらすじネタバレ注意

2015年6月11日

2015年春のドラマの中でも打ち切りされると言われてきたまま、なんとかここまで辛抱強く耐えてきたドラマがある。それが、元AKBで女優・大島優子主演の「ヤメゴク」である。初回から視聴率が思ったよりも振るわないまま放送を重ね、ヤメゴクの打ち切りも秒読みだと言われながらもなんとか予定通りの最終回間近。最終回の全話として最新となるヤメゴク第9話が6月11日に放送。本日はここまで放送されてきたヤメゴクの視聴率を振り返りながら、6月11日放送ヤメゴク第9話の視聴率を速報で発表していきます。

ドラマ「ヤメゴク」に関する記事は以下

・ヤメゴクの視聴率悪すぎだろwwwその原因判明!!!!!

・ヤメゴク第4話視聴率が悪すぎるwwww打ち切りの可能性も???

・ヤメゴク第5話視聴率が悪すぎwwwwついに打ち切りか?!大島優子が原因?

・ヤメゴク第6話視聴率速報!大島優子打ち切りを恐れていない?

・ヤメゴク7話視聴率速報!打ち切りで早期終了の可能性www【2015.5.29更新】

・ヤメゴク8話視聴率速報!最終回はいつ?あらすじネタバレ注意

スポンサーリンク

 

ヤメゴク9話視聴率速報!打ち切りはもうない。

「ヤメゴク」1話~8話の視聴率

6月11日放送のヤメゴク第9話の視聴率を発表する前に、打ち切りだと騒がれながらここまで放送されてきた1話、2話、3話、4話、5話、6話、7話、8話の視聴率を確認していきたい。ヤメゴク視聴率低迷とはどれ程のものか?

大島優子主演の「ヤメゴク」1話~8話の視聴率がコチラ・・・

 

第1話・・・9.1%

第2話・・・6.7%

第3話・・・6.0%

第4話・・・6.2%

第5話・・・6.4%

第6話・・・6.1%

第7話・・・5.2%

第8話・・・5.8%

 

以上のようにヤメゴク1話~8話の視聴率は推移してきました。前回の8話の時点でもワースト2位となる5.8%という散々な記録となっている。第9話の視聴率は来週放送される最終回のためにも、高い視聴率を記録したいところである。同時間帯には今クールナンバーワンの視聴率をとっているキムタク主演の「アイムホーム」がいるので視聴率がとりずらい状況は相変わらずである。

ヤメゴクの最高視聴率は初回の9.1%でまだ10%を超えた放送は無い。このまま9話、最終回と再浮上することはないのか?まずはヤメゴク第9話の視聴率に期待をかけたい。

私は上戸彩より、大島裕子派なだけにちょっぴり残念である。

スポンサーリンク

 

「ヤメゴク」9話あらすじ(ネタバレ注意)

もうこんなのも出てましたwww↓↓↓(楽天リンク) 

以下公式サイト引用

関東貴船組の若頭で二次団体・水千組の組長である水田千一(金すんら)から、組ごと足抜けしたいとの連絡が入った。今まで橘(遠藤憲一)を“親父”と慕い忠義を誓ってきた水田だったが、最近の橘のヤクザらしからぬ行動や、橘の息子・麦蒔の離脱騒動、さらに麦秋(大島優子)が娘であることを知り、橘が“血の絆”を一番に考えていると不満を抱いての決意だった。

麦秋が「麦蒔の離脱は偽装なのでは?」と確認すると、水千組の若頭・鷲頭健介(戸次重幸)は、水千組をカタギにしてくれた暁には橘が仕組んだ偽装離脱を証言すると誓う。そして水千組が足抜けすれば、関東貴船組は潤沢な資金を失い経営破綻もあり得ると明言する。

関東貴船組を潰し、仇である橘を逮捕するチャンスと意気込む麦秋は、橘に水千組構成員110名の離脱承諾書を突きつけるが、橘にとって水田の足抜けは青天の霹靂。直接会って話すまでは承諾できないと突っぱねる。

一方、同じく二次団体である浅間組組長・入山黄明(中野英雄)と武尊組組長・青峰亨(長江英和)は水田の行動に怒り心頭。橘に無断で水田が潜伏する倉庫へ襲撃を仕掛け、大乱闘に。

そこへ駆けつけた麦秋と翔(北村一輝)は、離脱希望者の水千組構成員を守ろうと手を尽くすが、入山は銃を向け・・・。

 

 

「ヤメゴク」8話の視聴率

さぁ元AKB48、現在は女優として活動中、大島優子主演のドラマ・ヤメゴク6月11日放送の第9話の視聴率はどうなったのでしょうか。最終回を次回に控えて、どのような視聴率になるのか注目が集まります。

6月11日放送、女優・大島優子主演「ヤメゴク」第9話の視聴率は・・・

 

6.2%!!!

 

ということで、6月11日放送、大島優子主演ドラマ「ヤメゴク」第9話の視聴率は6.2%という結果になりました。前回8話から比較すると0.4%のアップ。再び6%台の視聴率に戻してきました。それでもやはりヤメゴクの視聴率が大きく改善されることはないといった状況です。

視聴率で演技の良し悪しを言うわけではありませんが、もう少し視聴率を上げるための策をとるべきだと私は思います。このような数字では、大島優子が次連ドラに簡単に主演させてもらえるとは考えにくいのかなと思ってしまいます。まぁ苦しい時期なのでしょう大島優子。頑張ってほしいものです。

 

 

まとめ

6月11日に大島優子主演の連続ドラマ「ヤメゴク」の第9話が放送され、注目が集まった視聴率は6.2%という結果になった。ここまで、低迷してきた視聴率ですが、第9話でもその状況は変わらないものとなりました。このまま最終回を迎え、「ヤメゴク」は失敗だったと言われてしまうのでしょうか。さらに大きな注目が集まります。

次回の6月18日の放送でついに「ヤメゴク」が最終回になります。「ヤメゴク」最終回の視聴率についても本ブログで速報でお伝えしたいと思います。お楽しみに。

 

 







CATEGORIES & TAGS

芸能, , , , , , , , , , , , ,